メディカルブログ

軟骨再生のための骨髄刺激法

正常の膝蓋大腿関節のシェーマである。灰色部分が軟骨である。

PF正常軟骨.jpg

軟骨変性、断裂、摩耗などが起こり、表層がでこぼこ、ザラザラとなる。

PF軟骨変性.jpg

これらの一度傷ついた軟骨は再生修復されないので、剥離・切除する。

その後、専用のアイスピックのようなマイクロフラクチャーオウルや鋼線(径1.2mm)でドリリングやMFを行う。

PFドリリング.jpg

骨髄穿孔を行うと、骨に穴が開き、そこから出血がみられる。

骨穿孔後出血.jpg

骨髄内にある骨髄間葉系幹細胞が浸出、流出し表層をおおう。

血腫と骨髄間葉系幹細胞.jpg

ここに軟骨様組織がしだいに形成され、その組織で覆う。

線維性軟骨再生.jpg

これで軟骨組織が悪かったところが、線維性軟骨で再生されて改善したことになる。

関節水腫(関節水症)などが改善してくる。