メディカルブログ

London Imperial College Visiting Trip - 5th Day-

2008年6月28日 Saturday

今日は朝9時過ぎに行き、実験のマスターが重要なmission。
その後は、近藤邸にお邪魔。

実験はhuman real knee。STGを渡され、いつものようにtendon周辺のよけいなsoft tissueを除去。
今回はbase ball sutureなので、ひょいひょいとタイクロンをかけていく。

real kneeの靭帯を切って、再建。そしていろいろ測定。
詳細は機密事項なのでここまでね。

    

実験は食事もそこそこに夕方6時まで続いた。これはなかなかの重労働だ。
1シリーズの完結で、お片づけをして、地下鉄に乗る。
まだまだ、外は明るい。夜の10時くらいまで明るいのだ。

着いた駅周辺には何もない住宅地、西洋風の建物が並ぶ。
ロンドンの屋根の色はみな茶色に統一されているようだ。
ちょっと場所が違うが Earling broadway付近のおうちは
  

近藤邸はきれいな洋館で、おうちも広い。コンナおうちに住みたいなって感じ。
近藤先生の奥様にはたくさんのご馳走を作っていただき、久しぶりの手料理に舌鼓をうち、満足。
お腹いっぱいで、Cokeを片手に調子に乗ってしゃべりまくり、気がついたら朝3時になっていた。

うーん・・・迷惑な客になってしまった。ごめんなさい。ZZZZ..............

ここから、5th day

朝は、English breakfastで紅茶をいただきながら、いい感じで、時間を過ごし、昼前に大変お世話になり、恐縮しながら近藤邸を後にした。
駅までお見送りしていただき、電車から手を振りながら、ちょっとさみしい感じで、感謝感謝です。

昼から札幌で英会話のレッスンを受けていたイギリス人のDaveのfamilyと待ち合わせ。
Embankment sationで早く着いたのでぶらぶら。

to be continued・・・