私は膝の専門家で前十字靭帯と人工膝関節の得意な整形外科医(スポーツドクター)です。

関節鏡

関節鏡とは

関節の内視鏡である。1918年に日本で高木憲次博士により開発され、1957年に渡辺正毅博士により世界に紹介された、日本が誇る手術技術である。
現在の汎用されている関節鏡(4.0mm)とほぼ同型なものは、1959年に渡辺博士が今のものよりやや太い4.9mmの渡辺21号関節鏡が完成した。
このように日本の関節鏡手術の技術は常に世界をリードしながら進んでいる歴史がある。

関節鏡手術

現在の方法は、膝の前方に内側と外側の両方に8mm程度の穴を皮膚にあけ、穴の片側から関節鏡、反対側から鉗子などを挿入する。
関節内の外傷、疾患を観察し、診断する。その診断で終わらず、治療も可能である。
関節鏡を使って、靭帯再建術、半月板切除術、半月板縫合術、滑膜切除術、自家骨軟骨移植術、骨穿孔術(ドリリング)などができる。


膝の病気と怪我

膝関節疾患

スポーツ障害

  • ジャンパー膝
  • 腸脛靱帯炎
  • 膝窩筋炎
  • オスグッド病
  • ラルセン病
  • 分裂膝蓋骨

滑膜ひだ症候群(タナ障害)

  • 鵞足炎

膝蓋骨軟化症


炎症性疾患

感染性関節炎(一般菌・真菌・結核菌)


腫瘍性疾患

  • 良性:滑膜軟骨腫症・骨軟骨腫症

色素性絨毛性結節性滑膜炎


先天性疾患

  • 膝蓋骨不安定症・非外傷性膝蓋骨(亜)脱臼
  • 先天性膝関節脱臼
  • 先天性膝蓋骨形成不全症・欠損症
  • 先天性膝蓋骨脱臼
  • Blount病

△このページのTOPへ