私は膝の専門家で前十字靭帯と人工膝関節の得意な整形外科医(スポーツドクター)です。

スポーツドクターみやの日記

RSS

2017年4月アーカイブ

2017/04/30

後十字靱帯損傷は、自然に治るわけでない ! !

(図をクリックすると大きくなります)

後十字靱帯損傷

後十字靱帯は、自然に治ると言う、誤解が医者にも多くありますが、症状が少ないだけで、治っているわけでないのです。
後ろへの膝ずれは残存し、中には、ズレの大きい人(多くは外側靱帯や内側靱帯の損傷を合併している)は、明らかに不安定症状が残存して、

不満をいいます。内側靱帯損傷は多くの医者が気づくのですが、
外側靱帯とくに外側支持機構については、診断が難しく、その筋の専門家でないと困難であり、
結局、”後十字靱帯損傷だけで、なんで問題なんだ”と押し問答になる事例があとをたちません。
後十字靱帯手術は、整形外科医で行える病院は非常に少なく、できないから、こういう話しになるわけです。

話が進まないときはセカンドオピニオンなど病院変更が必要です。
 

PCL受傷機転.jpg

     ○転倒で硬いコンクリートなどに脛(すね)をぶつける

     ○事故で車のダッシュボードにぶつける

     ○スポーツで強い力で脛に衝突する(人・地面)

          が原因で膝の中の十字靱帯というバンドを断裂するけがです。

  靱帯損傷とは、伸びることはなく、断裂して関節にゆるみをおこしてしまうことです。

【症状】

PCL症状.jpg

 

      ○慢性期では症状はないことが多い→問題なし(ゆるみが軽く、安定している)

      ○階段など膝が屈曲した状態で、不安定性がでる

      ○膝蓋骨(おさら)周辺に痛みが出る(膝蓋大腿関節の圧力が高まる:図の*のところ)

このように、お皿周辺に痛みがあり、改善しない場合、後十字靱帯が断裂し、

膝に後方へのゆるみが出 ている可能性があるわけです。

後十字靱帯損傷を放置した結果、変形性膝関節症が進行することがあります。後十字靱帯損傷は、日常生活での支障があまりないので、知らない間に進行する可能性があります。

下記のレントゲン写真は、40年前にバイク事故で左膝を負傷した後、診断ができず、治療も受けられなかった結果、変形性膝関節症に進行した患者様のものです。


PCL(1).jpg

   左膝 後十字靱帯損傷 後方に落ち込む         右膝 正常

 黄色の点線から左は1cm近く後方にずれていることがわかる。

PCL(2).jpg

膝 関節軟骨の摩耗が少なく、        左膝 関節軟骨の摩耗が著明で、

    関節の隙間が大きい                関節の隙間が小さい

                          変形性膝関節症が著明に進行している

 

このような症例は、あまり表にでていないが、後十字靱帯損傷の放置例は

変形性膝関節症に進行することは、過去の論文でも指摘されている。

しかしながら、靱帯損傷があっても、症状が少ないため放置されやすく、

長期間を経て、変形性膝関節症が進行すれば、改善することは難しい。

 

治 療

 

後十字靱帯損傷があっても、軽い場合周辺の組織と癒着してゆるみが軽く症状がはっきりでないので、この場合、治療の必要がありません。これは前十字靱帯に比べ、靱帯が太いことと、後方で血流のよい場所に靱帯が位置するため、靱帯の修復が行われやすいのではないかと言われています。

PCL3.jpg

 

しかしながら、断裂場所によっては自然修復が困難であることも多く、後方へのずれが必発していることもあります。

さらに他の靱帯との複合型の靱帯損傷が起こっている場合に不安定が出やすいと言われています。

後十字靱帯損傷+後外側支持機構損傷

後十字靱帯損傷+前十字靱帯損傷

後十字靱帯損傷+内側側副靱帯損傷 などの組み合わせがある。

この場合、後十字靱帯再建術と合併した靱帯再建術を同時に行って行く必要があります。

 

 

強い後十字靱帯損傷では、膝の前方部分が後方にへこんでおり、後方への不安定な症状が残存しています。

この場合、放置しておくと、変形性膝関節症が進行していくことが報告されています。

そこで後十字靱帯再建術を行い、治す必要があります。


PCL再建術.jpg

 

 

(方法)

自分の腱をとって(採取して良い部分)、それを束ねて、両サイドに人工靱帯をつけ、膝の中に骨のトンネルをあけて、その中に作製した移植靱帯(移植腱)を挿入して設置して、くさび(ステープル)で固定します。

断裂した後十字靱帯

Torn PCL.JPG

 

再建した後十字靱帯

PCLR.JPG


この手術は非常に難しく、簡単でないため、専門家でないとできないことが現状です。

まして関節鏡視下で行うことは、難度のある手術です。

(リハビリ)

○ 歩行は2日目から可能で、1週間で杖なしで歩けます

○ 膝を曲げていくリハビリが必要です(2-3ヶ月かかります)

○ スポーツ復帰は6ヶ月以降です

○ 肉体労働は4ヶ月必要です

○ 膝の専用ハードサポーターが必要です

 

 

 

 

コメント(0)  | 日常診療から・・

« 2016年2月 |  メイン

△このページのTOPへ