私は膝の専門家で前十字靭帯と人工膝関節の得意な整形外科医(スポーツドクター)です。

スポーツドクターみやの日記

RSS

2008年6月アーカイブ

2008/06/30

London Imperial College Visiting Trip - 7th Day-

2008年6月30日 Monday

今日は平日だが近藤先生の実験の進みもよく、Imperialお休みし、
朝からWimbledonにくりだすmission。

列をなす500m近くのが3本できている。


御機嫌よく並んでいたが・・・


いつのまにか死んでいる・・


列は動いても約1km〜1.2kmくらい続いている

  
とうとう入れたよあこがれのウィンブルドン

      

      

      

少年女子でも180cm以上で力感抜群なサーブが繰り出される。センターコートはみれないが、男子や女子トップは200kmを超える!

ウィンブルドン期間中限定タクシー 十分堪能したが、試合時間が3時間を超え、炎天下で見るほうもへとへと。
帰った死にました。日焼けが痛いし、熱いし・・

to be continued・・・

コメント(0)  | 日記

2008/06/29

London Imperial College Visiting Trip - 6th Day-

2008年6月29日 Sunday

今日もなぜか快晴。最近は雨男は返上中だ。
Embankment駅で元英語の先生のDave。
イギリス人なので、6月はじめに帰国してしまったので、逆にロンドンでは会える。
奥様も存じ上げてるので、今日はFamilyと合流させていただく。
Embankment周辺は公園もある上、重要な国会議事堂やその他の省庁がある。
さっそく再開を喜び会い、周辺散策に出発。

  

  

  

View image  View image

    

  

ボートの上で食事をとり、僕はいつものバーガーだ。
アメリカンだねと言われながら、日曜日で人がすごい。
ロンドンが都会であることを再認識しながら、BIg benの謂れをDaveに聞いたが知らないようだ。
やはりこういう話は地元の人よりガイドブックか。
工事監督がBig Ben と言われていたようだ。
Westminister寺院も外観をみて、コベントガーデンのイタリアンカフェでゆっくりし、再開を確認し、Covent Girdenの駅を後にした。
夜は疲れて、ぐっすりくん・・ZZZZ おやすみです。

to be continued・・・

コメント(0)  | 日記

2008/06/28

London Imperial College Visiting Trip - 5th Day-

2008年6月28日 Saturday

今日は朝9時過ぎに行き、実験のマスターが重要なmission。
その後は、近藤邸にお邪魔。

実験はhuman real knee。STGを渡され、いつものようにtendon周辺のよけいなsoft tissueを除去。
今回はbase ball sutureなので、ひょいひょいとタイクロンをかけていく。

real kneeの靭帯を切って、再建。そしていろいろ測定。
詳細は機密事項なのでここまでね。

    

実験は食事もそこそこに夕方6時まで続いた。これはなかなかの重労働だ。
1シリーズの完結で、お片づけをして、地下鉄に乗る。
まだまだ、外は明るい。夜の10時くらいまで明るいのだ。

着いた駅周辺には何もない住宅地、西洋風の建物が並ぶ。
ロンドンの屋根の色はみな茶色に統一されているようだ。
ちょっと場所が違うが Earling broadway付近のおうちは
  

近藤邸はきれいな洋館で、おうちも広い。コンナおうちに住みたいなって感じ。
近藤先生の奥様にはたくさんのご馳走を作っていただき、久しぶりの手料理に舌鼓をうち、満足。
お腹いっぱいで、Cokeを片手に調子に乗ってしゃべりまくり、気がついたら朝3時になっていた。

うーん・・・迷惑な客になってしまった。ごめんなさい。ZZZZ..............

ここから、5th day

朝は、English breakfastで紅茶をいただきながら、いい感じで、時間を過ごし、昼前に大変お世話になり、恐縮しながら近藤邸を後にした。
駅までお見送りしていただき、電車から手を振りながら、ちょっとさみしい感じで、感謝感謝です。

昼から札幌で英会話のレッスンを受けていたイギリス人のDaveのfamilyと待ち合わせ。
Embankment sationで早く着いたのでぶらぶら。

to be continued・・・

コメント(0)  | 日記

2008/06/27

London Imperial College Visiting Trip - 4th Day-

2008年6月27日 金曜日

この日は昼前に実験手伝いをしたのち、昨日のロング歩行に、2時間仮眠をとり、目的の家探しに不動産屋をチェック。
West Actonまで地下鉄で行き、近藤先生recommendの2)Japan serviceと連絡取れ、ここを選択。

1)ロンドン東京プロパティー
http://www.london-tokyo.co.uk/guide05.php

2)ジャパンサービス
Tel: 0208 752 0445
http://www.s109768806.websitehome.co.uk/jsinfo/

3)JCE
http://www.jac-strattons.co.jp/property_search_lettings/property_lettings_list_jp.aspx?o=1

ここで気づいた。あまりに早く来すぎていて、空き物件があっても9月まではキープできないし、9月頃にならないとわからない物件も多いようだ。しかし、世の中、百聞は一見にしかず。得られた情報は多く、やはり来て見てよかった。西地区のゾーン2〜3は治安もいいようだ。日本語学校があり、日本人も多いらしい。1つよい物件をみつけ、ホッとしながら、気分よく、ちょっと歩いて帰ろうとSouth Kensingtonの手前3つの駅Hammer Smithで降りた。予測では1時間程度、約5〜6kmと考えていた。しかしながら、地図を買わなかったことが災いして、大きく道を間違え、真東に進むはずが、南東に大きくくだり、また北東にもどるってこととなり、2時間半の歩行に疲労困憊。

黒が実際の歩いた道。青が行く予定だった道。 A to Z地図はロンドンで必須アイテム。
まだ購入してなかった、とほほ。今日はここまで明日は1日実験日。夜は近藤邸に泊めていただく予定。・・

to be continued・・ 

コメント(0)  | 日記

2008/06/26

London Imperial College Visiting Trip - 3rd Day-

2008年6月26日 Thursday

この日の朝はだいぶJet lagから開放され、ピタリと時間が合い、朝6時過ぎに早起きした。
とは言っても朝3時に目が覚めるところを3時間寝すごした形だからこりゃ楽だ。
今日の予定は昼ごはんを一緒に近藤先生と昼に会い、Alexという学生と食べるというmissionのみ。
ホテルはSouth Kensington駅に近く、Imperialまで5分、周辺には博物館が立ち並ぶ。
そこでホテル周辺を散策しようと、朝6時40分頃ホテルをでた。出てすぐだった。

  

流暢な英語で日本人のような女性に道を聞かれた。
あまりに英語がうまいので、日本人なら下手な英語で話すとややこしいので、日本語が話せるか聞いたところ、中国系アイルランド人と判明。
Kensington palaceに行きたいがどっちと聞かれたが、少し道が入り組んでいるので、向かう方向が同じだったので、お互いの写真を取り合って、Hyde parkを散策。博物館の写真とるにも、自分が写りこむには朝早く人が少ない。

  

  

Parkを出たところで、さらにBritish Museumに向かう。
地下鉄と歩くこと20分で、目的地に到着。
しかしながら、まだopenには1時間以上ある。
門が博物館職員のために開いていたので、強引に入り込み、慌てて写真を撮る。
そこで門番の職員の人に退去を促され、外観の写真を撮ったのち、門を出た。

次は?Madame Tussaud’s?なんだそれ?ガイドブックを確認する。
どーも、蝋人形館であることがわかった。
あとで検索するとhttp://www.monberu.com/html/travel/tassaud.htmのHPに詳細に記載されていた。以下は抜粋。
国王や貴族、反革命主義者の処刑は公開で行われた。
革命の成果を宣伝する方法の一つとして用いられたのが、蝋人形であった。
画家ダヴィッドは、フランス革命をイメージを盛り込んだ劇的な絵画で表現した。
それに対して、革命の一側面をあくまでも本物に忠実に、立体的に表現したのはマリー・グロシュルツ、のちのタッソー夫人である。
ちょっと大げさですね。とほほ。
蝋人形館の概要は以下の通りです。
18世紀のフランス女性、マリー・グロショルツ(Marie Grosholz 1761-1850)は一風変わった特技を持っていた。 --- 蝋人形作りである。
マリーの母は、解剖図の模型作りを得意とする医師Curtius(すんまへん、読み方判りませんT_T)の元で家政婦の仕事を得ており、マリーはこの医師から蝋細工の手ほどきを受けた。
マリーは革命前から、当時の有名人の蝋人形(ヴォルテールやB・フランクリンなど)を制作し、既に名声を得ていた。
その才能を見込まれ、ルイ16世の妹・エリザベート内親王の美術講師をしたり、ルイ16世一家の蝋人形制作を手がけるなどして宮廷に出仕することになった。革命勃発後、パリに連れ戻されたマリーは、処刑された重要人物のデスマスクを作る仕事に従事させられた。
その仕事の中には、かつて使えた国王、ルイ16世やマリー・アントワネットのそれも含まれていたという。
そんなマリーも恐怖政治の中投獄され、処刑の為に髪を刈られる(ギロチンの刃をより落ちやすくする為に、髪の毛を切るんですね。
ベルばらでもそんなシーンがありましたね)所まで行ったものの、幸運にも処刑を免れる事が出来た。
さて、出獄したとはいえ、革命の混乱期の中で食べていくのも一苦労。そこでマリーは、自らの作品の展示会を開催することにした。
−−−隣国のイギリスで。イギリスでの評価は非常に高く、のべ33年間も展示が全国を巡ったという。その間にもマリーは、国王ジョージ4世やナポレオンの蝋人形も制作するなど活躍を続け、ついに1835年、ロンドンに蝋人形館の常設館を設立した。それが現在の蝋人形館の元になっている。 
彼女の死後も、息子や孫が後を継ぎ、現在も蝋人形のコレクションは訪問のたびに増え続けている。

Wikipediaより写真を抜粋

    

    

    

    

    

       

View image

ここの写真は僕の相手は蝋人形、本物そっくりだね。
昼には戻って、Alexくんと近藤先生と英会話ランチ。
マダムタッソー話で盛り上がる。
ランチはなんとなく、American & British。
バーガーにサーモンBBQに得意のChips。

この後は昼のロング歩行に、2時間仮眠をとり、目的の家探しに不動産屋をチェック。
West Actonまで地下鉄で行き、近藤先生recommendの2)Japan serviceと連絡取れ、ここを選択。

1)ロンドン東京プロパティー
http://www.london-tokyo.co.uk/guide05.php

2)ジャパンサービス
Tel: 0208 752 0445
www.japanservices.info

3)JCE http://www.jac-strattons.co.jp/property_search_lettings/property_lettings_list_jp.aspx?o=1

ここで気づいた。
あまりに早く来すぎていて、空き物件があっても9月まではキープできないし、9月頃にならないとわからない物件も多いようだ。
しかし、世の中、百聞は一見にしかず。得られた情報は多く、やはり来て見てよかった。
西地区のゾーン2〜3は治安もいいようだ。
日本語学校があり、日本人も多いらしい。
1つよい物件をみつけ、ホッとしながら、気分よく、ちょっと歩いて帰ろうとSouth Kensingtonの手前3つの駅Hammer Smithで降りた。
予測では1時間程度、約5〜6kmと考えていた。
しかしながら、地図を買わなかったことが災いして、大きく道を間違え、真東に進むはずが、南東に大きくくだり、また北東にもどるってこととなり、2時間半の歩行に疲労困憊。

今日はここまで

・・ to be continued・・ 

明日は1日実験日。夜は近藤邸に泊めてもらう予定だ。

コメント(0)  | 日記

2008/06/25

London Imperial College Visiting Trip 2nd day

2008年6月25日 Wednesday

今日Todayの重要なimportant missionはImperial College London

  

紋章と家紋のMechanical Engneeringの玄関付近のプロペラのモニュメントプロペラの開発などで有名らしいOrthopaedic Biomechanics, Prof. Andrew Amis先生にご挨拶interview。

11:00 amの約束になんとか間に合い、いざDepartmentへ。

玄関付近に教授陣の絵がかざってある Amis先生のものをパチ
Amis先生は温かく迎えてくれる雰囲気にホッとしたものの、many questionがあり、academicな質問questionより、normalな質問qustionの方が難しいdifficult。ほとんどDr.Kondoが代返answerしてくれてしまった。
途中話が行き違い、単なるPhDと思われ、ClinicalなMD経験のことで大きく食い違ったが、わかってもらえちょっといい感じ。
Journal of Biomechanicsのpaperを1編書いていることをapealして、paperがあるなしの重要性を感じた。
近藤先生がORS awardのことを言ってくれたため、ちょっとうれしい。約30分であった。ここでAmis先生とはsee you.

  

挨拶が終わって、ネクタイをのけて リラックス 続いて近藤先生に実験室をみせてもらい、imperal collegeをあちこち案内してもらい、写真もパチパチtake a picture around。学食的なところでハンバーガーhumberberとサーモンsalmonのBBQ。

さっそく紐士graft masterとして、お手伝いをして、実験のさわりを経験した。
夕方からは英会話の先生:スー先生のクラスに潜入。
ちょっと変わったいい感じのおばあちゃん?でまさに小学校の国語教室状態。
クラスは日本人が近藤先生ふくみ5人・中国人2人・チェコスロバキア人1人など国際色豊か。英会話で絞られた後、日本人の仲間とPubとタイ料理の店に行った。☆☆☆がついたvery spicyなcurryを頼んだら、経験した辛さをこえており、冷や汗ものだった。

    

結構くせになるいい辛さ!? みなといろんな話をして交流し、現地時間の11:00頃解散しかけたそのときだった。
キキッーー、ドーン!なんということだろう!Traffic accident !バイクが車にはねられた。
バイクのイギリス男は約5m飛ばされている。
意識はある。まずそーっとヘルメットを抜去。
首の状態はよさそうだ。右足が動かない。
というより足部が膝の方向から90度外向きだ。
開放創あり開放骨折。なんってこった!
イギリスで開放骨折に出くわすなんて!
近藤先生が足背動脈の確認をする。
膝も開放創があるが、靭帯や骨折脱臼はなさそうだ。
下腿が2箇所くらいで折れていそうだ。
足関節開放脱臼骨折ってカンジ。
約10分で救急隊到着。
エアーキャスト装着し、無事搬送されていった、全身状態はよさそうだった。
安心して改めて解散。
うーん写真はないねえ。人道的にも!
本当だけど証拠なし。 やっぱり、濃ううい、1日が終わった。
長い1日だった。今日は22時間くらい起きていた。
しかし、全く眠くないなあ・・と思いながらムニャムニャ・・すぐ寝ていた・・・
そうこのときも明日の大きなハプニングを知らずに。

to be continued・・・ 

コメント(1)  | 日記

2008/06/25

Imperial College London見学 〜準備・到着までの3日間

2008年6月21〜22日

悪夢がやってきた。旅を前にまたしても大事件!!
我輩の大事なPC LOOX Tのモニターを手で閉じた際に間に物が挟まり、液晶が破損!!!
見えないモニターを外付けモニターにて正常な可動していることを確認したものの海外にはもっていけない。
モニター持っての渡航はあまりに悲しい。そこでバックアップ用VAIO 505を登場させた。
懐かしいドッキングシステム。
いろいろなソフトやデーターのバックアップを完成させ、当直の忙しい中、使用可能とできた。
あ〜〜ほっと、一息。このPCトラブルの時の切迫感わかるかな〜〜?わかるよね!

6月23日当直から帰宅後、大慌てで荷物をパッキングし、成田直行飛行機に乗るため、一路新千歳空港へ。
ここは問題なく、通過。夜の食事はホテル日航成田で、寂しい食事となった。

6月24日成田空港発ーロンドンヒースロー空港行き
12:00ちょうど発なんだ。
起きてみれば9:40またしてもギリギリな人生。
大慌てで準備。バスも乗りそこね、Taxiで空港へ。
汗をかきかき、JALチェックインカウンターへ。
そこからはさすがJALグローバルクラブ会員(JGC)、会員用のチェックインカウンターで待たずにチェックイン。
両替を済まし、ファーストクラス用セキュリティーゾーンで待たずに通過、パスポートチェックは軽く終了し、サクララウンジに到着。

  

あれっれ・・ホテルを出てからラウンジまで20分しかたってなかったことに喜びながらも、これでまた悪い癖がついてしまう自分に反省。
サクララウンジ何でもあるある!朝食食べれなかったが、問題なし。


エコノミーの席ながら、JGCをしっかり使って、優先登場で先にビジネスクラスに座る人たちを尻目に後部の座席に。
非常口の広いゾーンを前もって確保し、荷物も好きなところに先に押し込み、ほっとした。


搭乗中は幸いにも、静かな女性だったため、座席肘掛で肘相撲大会は開催されず、静かに経過。トイレも近くて最高だね。


写真上))左から、謎のイギリス人?、ほとんど寝ている謎の日本女性、さらに謎の日本人
しかし・・到着後にさっそくの、波乱の幕開けとなった。

to be continued・・・       

コメント(0)  | 日記

2008/06/24

London Imperial College Visiting Trip 1st day

2008年6月24日 Tuesday 5:00pm

到着ロビーはヒトであふれかえっていた。今思うと、ウィンブルドンのテニスの試合があり、観光シーズンに入ってきた頃である。Passport controlで、混雑していた。待つこと30分、私の番がやってきた。

目的は?滞在日数は?滞在先は?と順調に答えていたのだが、Booking.com http://www.booking.com/で予約していたホテルの予約票を印刷してなかったので、証明できず!!これには、渡航歴がたくさんあるため、チェックが厳しい。仕方なくブッキングドットコムで頼んで取ったを連呼。なんとか許してくれたので、ホッと胸をなでおろし、税関では申告品なく、気持ちよくグリーンドアから通過する・・・はずだった。

hey,hey you! Please, come on!と言ったかどうかは記憶にないが、呼び止められた。
“Do you live here?” “No, I live in Japan” 滞在期間は10日間にしては、荷物が多いとのこと。またしても、荷物持ちな僕。英会話、英語の勉強の本などをたくさん持ってきてしまった。生ものなどないかと聞かれ、“No, No” “Do you have Cigaret?” うっつ・・持っている。お土産に持ってきたのだ。“How many?” “2 cartons” ここでひっかかり、“Open”の命令が・・。開けたくなかった。実は医療用針糸やメス刃を大量に持っていたので、なんだなんだと聞かれるとめんどくさいなあと思っていたからである。しかし、世の中、反対反対に動くもので、それには興味を示さず、お土産に持ってきた素麺の木箱を眺め、“What is this?”“Japanese Noodles” イギリス人に麺が木箱に入っていることなど理解できるはずもなく、執こく不思議がって聞く。“Souvenir”を連呼して、無罪放免。疲れた。12時間乗って、30分待って、なぜ、俺をスムースに入れてくれない!? 

そう、僕はいつも微妙なトラブルが起きやすい。そう言えば、アメリカでもチェックがされやすかった。うん・・人相が悪いか?服装が悪いか? 服装はいつも兄(アン)ちゃん風だなあ・・反省(ホントはしてないが)。サンディエゴのときは預けた鞄に入れたつもりのアーミーナイフをDバッグに持っていたため、連れていかれそうになったこともあったが。

近藤先生の温かい出迎えに、甘えてホテルの場所も確認ソコソコに、Tubeの乗り方も勉強せず、ノーマークで着てしまった。SuicaやPASMOみたいなOyster cardをいただき、システムを伝授された。またまた自分の甘さに反省。

South Kengsington駅に到着。

ホテルにチェックイン(駅から30秒)して、

ホテルまで荷物を半分もってもらったりしながら来てもらった近藤先生

初Imperial collegeの外観をみて、ちょっと感動。

インペリアル初見参 なぜなら、別の部署だが、ブラインドの上がった明かりのついた研究室には材料試験機がならんでるのがみえる。メカや〜〜って感じにうれしい。

   

ピカデリーサーカスPiccadilly Circus付近  ナショナルギャラリーNational Gallery付近

Mussel (ムール貝)のお店で、飯を食べ、近況報告をしあった。
  

これはなかなかうまかった!

pm11:30 おやすみ zzzz       

明日はもっと濃い日となることも知らずに

・・・to be continued

コメント(0)  | 日記

2008/06/13

医局対抗野球大会 〜初参戦〜

とうとうやってきたんや、こ
の日が。実は個人的に、この試合にかなりの思いいれをしてきたんや。
小さい頃から野球が大好きで、部活や少年野球クラブに属したことはないものの(古いっ)長嶋や王にあこがれ、野球にあけくれたことも多かったんよ。久しぶりの本格的な野球の試合にむっちゃ楽しみにしてた。

バッティングセンターは週に2〜3回通い、行けば200球以上を打ってきた。

自慢のクリーンアップを紹介しよう!
  

これがうちのチームの三番、四番、五番だ。
さすが、野球部!彼らの活躍なくしていい試合は出来なかったろう。

  

下位打線だが、皆なかなかの活躍をしたんや。

試合は、1回裏で3点先取され3回0点に抑えられたのち、徐々に得点し、とうとう6回表で追いついたwww 同点!!!
が、しかし、裏で涙の1点!!取られた。ここまで6回を一人で投げ抜いてきたヨコチンが肩の調子は良いものの、体力的に苦しくなってきた。球のスピードやコントロールには、やはり目を見張るものがあり、もっと練習していれば相当なものだろう。なんせ、元 筑波大学野球部なんだぜ!


名犬ラッシー?を連れた余裕の北村監督

とはいえ・・ここで、わいのリリーフ登板が実現!7球の投球練習で最後の球がなかなかよかったので、ちょっと不安が解消。
行くぜえええ、第1っ球!! 一球入魂! 投げた〜〜〜いいスピードボールが行ったあああ、カキ〜〜ン!!
会心の当たりだあ、ああああああ・・と思ったらセンターライナー、アウト。
やややっつ、やった、リリーフ成功。うぬっ・・? わいはまだ1っ球しか、投げてないぜ!!複雑な気持ち。。
気持ちは切り替えて、バッターボックスに。1点差、1番バッター。
死んでも1塁に出なければ・・・これしかない!!コツン・・コロコロ・・・ダダダダダダダーダアッシュ!!セーフ!  
とりあえず、盗塁など重ね、3塁まで到達。が、相手にうまくおさえられ、試合は結局負けてもうたが、楽しかったし、残念であった。
またがんばろう。みんなwww、お疲れさんやでえええ。

応援にきてくれた皆様ありがとう!!

コメント(2)  | 日記

2008/06/07

膝蓋骨脱臼と膝蓋骨亜脱臼症候群

おさら(お皿)がはずれる、おさら(お皿)がはずれそう、膝がぬける、膝がぬけた、などの経験はないでしょうか?膝の関節に時々、出血がでる、血がたまる などの症状はないでしょうか?

病気の原因:主に先天的な原因が多い
・若い女性で多い
・X脚のヒトがなりやすい
・脛骨粗面(膝蓋骨から5cmくらい下の突出したところ)が膝の中心より外にある
・大腿骨の膝蓋骨関節面の溝が浅い

症状:
・膝蓋骨が時々はずれる・・反復性膝蓋骨脱臼
・膝蓋骨の不安定感(はずれそうな感じ)・・・膝蓋骨亜脱臼症候群
・膝蓋骨周囲の痛み・だるさ・・・反復性膝蓋骨脱臼・膝蓋骨亜脱臼症候群

よく経験するのですが、私が膝の専門家だと聞いた方から、
『前から怪我がないのに冷えると膝周囲が痛かったり、だるかったりすることが多いですよねえ』
いつからかと聞くと、
『結構前から、あー10年以上前からですね』とか、長期にある人がいる。
これは膝蓋骨亜脱臼症候群に伴う膝蓋骨軟化症が原因と考えられる。

診断
・単純X線(レントゲン写真)で軸写(軸射)を30°60°90°の膝屈曲角度で撮影する
・CT撮影(関節の骨格上の不具合や骨折がよくわかる)
・MRI撮影(MPFL靭帯の断裂や軟骨の欠損がみつかる)

MPFL(内側膝蓋大腿靭帯)とLPFL(外側膝蓋大腿靭帯)がお皿(膝蓋骨)の横への脱臼が起こらないよう支えている重要な支持機構。

この写真の方は、17歳女子で膝周囲の漠然とした痛みが続き、数件の整形外科医を受診するも原因がわからなかったらしい。単純X線の通常の撮り方では、一 見普通に見えてしまう(図1)

しかしながら膝蓋骨軸射撮影では膝蓋骨が外側に亜脱臼しているのは一目瞭然である(図2)


(図1)


(図2)

治療
1)膝蓋骨脱臼

・MPFL(内側膝蓋大腿靭帯)が断裂
・骨軟骨骨折を伴うことが多い
・先天的に脛骨粗面の外側偏位
・大腿関節溝が浅い
*保存療法:内側広筋訓練、パテラサポーター(図)←効果は多少あるけどもサポーターをいつまでつければいいのか?サポーターで治ってしまうわけではな い!脱臼や亜脱臼を予防する意味しかありません。残念ながらしっかり直すには手術しかないのが現状です。

**手術
1) MPFL再建術

2) 脛骨粗面内方移行術

3) 脛骨粗面前内方移行術

脛骨粗面内方移行の皮切は従来12cm近くと大きかったが、今は下は3cm 上は2cmのちいさな皮切程度でOK。
女性の方で傷を気にされるようなら、この方法が奨められる。


膝蓋骨の外方偏位が改善され、関節面の適合も良くなっている(面と面が良く合っているよ)
(ア) Fulkerson osteotomy(1983年)←僕はこれを行っています。
(イ) Hauser法(1938年)・・・変形性膝関節症がおきやすい
(ウ) Elmslie-Trillat法(1964年) ・・・Fulkerson法の原法

4) 外側支帯解離術

5) 内側広筋前進術もしくは内側縫縮術←傷が大きい割に効果弱い。
急性期に縫縮術はあり得るかもしれないが根治治療とは言えない。

コメント(4)  | 日常診療から・・

« 2008年4月 |  メイン  | 2008年7月 »

△このページのTOPへ